子ども市民になりたい!

フェスタに出店しているお店でアルバイトをすることが出来るのは「子ども市民」だけ。

「子ども市民」になるには次のステップが必要です。

①事前申込をする(2017年の受付は5月からです。)

②フェスタ当日子ども市民大学で社会のお金の仕組みや働くことについて学ぶ(9時半から10時半)

③子ども大学授業終了後、「子ども市民」Tシャツを着る。

「ハローワーク」で仕事を探し、お店で面接を受ける。仕事が決まる。(*必ずしも希望の職に付くとはかぎらない)

⑤お店でアルバイトをする(10時半から12時半)

⑥休憩後、反省会後解散。

①事前申込みする

事前申込をする。

(2016年度の子ども市民の申込は終了しました。)

②市民大学で学ぶ

9時から10時、お金の仕組みや税金の話、人とうまくお話するためにはどうしたらいいかなどを勉強します。

③Tシャツを着る

ワクワク夏フェスタ子ども市民専用Tシャツを着ます。


④仕事をさがす

たくさんあるお店の中から自分にあったお仕事を探します。必ずしもやりたい仕事ができるとは限りません。

⑤面接を受ける

やりたい仕事をきめたら、お店で面接(めんせつ)を受けます。お店の人の質問に、うまく答えられるかな?

⑥アルバイトする

10時半から各お店にはいって、具体的なお仕事の内容を店長さんに教えてもらいます。お休みを入れながら、12時半までの2時間、アルバイトをします。